慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 蟹江研究室

  • トップページ
  • お問い合わせ・アクセス
  • ENGLISH

メディア出演履歴

2018年

  1. 朝日新聞未来メディアサイト、2030SDGsで変える「国連ハイレベル政治フォーラムで感じたこと、今後の民間ベースの動向にも注目」、2018年10月5日
  2. 大和証券グループ、SDGs特集「特別対談:SDGsを通じて創る未来」、2018年8月28日
  3. CLUB UNISYS SMASH 「鼎談:SDGsを軸に未来の事業を考える(後編)」、2018年7月25日
  4. CLUB UNISYS SMASH 「鼎談:SDGsを軸に未来の事業を考える(前編)」、2018年7月18日
  5. 山陽新聞digital「SDGsテーマに蟹江教授が講演 岡山で経済同友会が特別講演会」2017年7月11日
  6. 朝日新聞未来メディアサイト、2030SDGsで変える 「我々は、SDGsとどう付き合うべきなのだろうか」、2018年6月25日
  7. ジェンダーサミット10報告書、Better Science and Innovation through Gender, Diversity and Inclusive Engagement, pp.25-27、2018年3月
  8. Supervised by Norichika Kanie, Partnering for Sustainable Development, Guidelines for Multi-stakeholder Partnerships to Implement the 2030 Agenda in Asia and the Pacific, United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustaibability, 29 March 2018
  9. 繊維ニュース、「SDGsが生み出す好循環 自律分散型のガバナンスを」、2018春季総合特集X、5面、2018年4月27日
  10. 朝日新聞、「あしたの地球に SDGsの第一人者が語る「今が地球を守る『ラストチャンス』」」、GLOBE、20面、No.205、2018年5月6日
  11. 朝日新聞、最近よく耳にする「SDGs」ってなあに?、キーワードは“誰一人取り残さない”、pp.20‐21、2018年3月27日
  12. 月刊事業構想、まず夢を語ることから始めよう、イノベーション特集、pp.20-21、2018年4月1日
  13. 環境再生保全機構 地球環境基金便り、特集 SDGsで日本を変える世界を変える、pp.4-5、no.44 March 2018
  14. PRESIDENT Online「PR不要の慶應があえて箱根を目指すワケ 研究・教育の一環として成果を出す」、 2018年2月13日
  15. 中日新聞、教育関連紙面21面 「住みやすい地球のこそう」、2018年1月28日
  16. JSTnews「STI for SDGs タスクチーム奮闘記」 JST国立研究開発法人科学技術振興機構 2018年1月号
  17. Number Web 「慶應・根岸が走った8区は実は……。24年前に同じ道を走った1人の男。」2018年1月15日

2017年

  1. JANET e-World「【地球環境】SDGsを活用した長期戦略を―未来の視点で危機をチャンスに」 時事通信社 2017年12月27日
  2. 教育応援、「今の中高生にこそ、SDGsの枠組みを通した教育活動が必要だ」、特集2030年の世界を見据えた教育活動:SDGsを共通言語に、探究活動をグローバルにひろげる、pp.6-7、2017年12月 VOL.36
  3. 日経エコロジー、広告企画:魚から考える日本の挑戦2017 シンポジウムレビュートークセッション2 SDGsの海の目標を達成するには意識革命と連携が必要、p.80、2018年1月号
  4. 月刊 経団連、座談会「持続可能な社会の実現に向けた企業行動のあり方」、pp.8-23、2017年12月号
  5. サステナ「国際シンポジウム 社会構造を変革する持続可能な開発目標(SDGs)」、pp.66-96、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構広報誌、2017年第43号
  6. Number Web 「箱根駅伝オリジナル4の2校が本気に。筑波と慶應が目指す24年ぶりの箱根」 2017年10月12日
  7. Highlighting JAPAN、民間がけん引する日本のSDGs、SDGs: Challenges and Opportunities、Vol. 112、2017年9月
  8. PRESIDENT p.13 「絶対に優勝する」慶應三田会が企てた”箱根への道” 情報スクランブルにコメントが掲載されました。 2017年9.11号 プレジデント社 2017年8月28日
  9. 日本経済新聞朝刊 31面 「持続可能な開発 官民動く」にコメントが掲載されました。2017年8月4日
  10. 北海道新聞 16面 「貧困、格差・・・課題を関連づけ国連「開発目標」達成を」が掲載されました。2017年7月16日
  11. TBSラジオ 「荻上チキ・Session‐22」、日本が10億ドルの拠出を発表、国連で話し合われている“SDGs”っていったい何? ゲスト出演、2017年7月19日
  12. JANET e-Worldに 『【米国】米国パリ協定脱退は日本のチャンスに―「緑の多元主義」の実現を』が掲載されました。時事通信社、2017年6月30日
  13. SDGsダイアログ2017〜2030年、SDGs達成に向けてヤフーは何ができるのか〜にコメントが掲載されました。Yahoo! JAPAN!、2017年5月31日
  14. 学術の動向2017年5月号に「持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた超学際研究とマルチステークホルダー協働の推進」pp.86-94が掲載されました。公益財団法人日本学術協力財団、2017年5月1日
  15. 季刊ECOツーリズム Vol.19 No.3に「Sustainable Tourism サステナブルツーリズム」pp.4-5が掲載されました。日本エコツーリズム協会、2017年3月31日
  16. Sports Graphic Number Web 「慶應の箱根駅伝プロジェクト指導!中心人物に聞く、独自の10年計画」にコメントが掲載されました。 2017年4月18日
  17. 朝日新聞 11面 フォーラム 学生たちのSDGs 「キャンパスにステッカー2500枚、世界の課題知るため」が掲載されました。 2017年4月17日
  18. 朝日新聞 21面 2030 SDGsで変える「未来へ、企業ができること 未来メディアカフェ」にコメントが掲載されました。 2017年4月17日
  19. スポーツ報知【箱根への道】「新たなスポーツ推薦は設けません」新興校とは一線を画す慶大の強化策にコメントが掲載されました。2017年4月12日
  20. 朝日新聞「教えて」2030年までに世界で取り組む目標があるの?にコメントが掲載されました。2017年2月7日
  21. ジャパンタイムズ紙にSDGs特集記事「No one left behind -Japan and the Sustainable Development Goals-」が掲載されました。2017年1月27日
  22. 『躍』第29号 特集 資源戦略を考える「持続可能な社会へ、長期的視点で迅速な変革を」関西電力株式会社、 2017年1月

2016年

  1. 日刊工業新聞 地球環境特集 「SDGs−世界の動きと日本企業に期待されること−」が掲載されました。2016年7月29日
  2. 蟹江憲史「Guest Article #49: Translating the SDGs to High-income Countries: Integration at Last?」共著者 Paul Lucas, Nina Weitz 『IISD Sustainable Development Policy & Practice 』、 2016年3月17日
  3. 蟹江憲史「出発点提示に成功したパリ協定 温暖化対策に向けた国内変革の時代へ」『e-World Premium vol.25』時事通信社 2016年2月 pp.42-47
  4. 毎日新聞「記者の目:温暖化対策 パリ協定採択」にコメントが掲載されました。2016年1月14日

2015年

  1. NHK 日曜討論 「COP21 どう進める温暖化対策」に出演しました。 2015年12月13日
  2. NHK BS キャッチ!世界の視点 特集まるごと 「温暖化めぐる途上国の主張」に出演しました。 2015年11月30日
  3. 毎日新聞 に『先進国の行動がカギ』と題するインタビュー記事が掲載されましした。2015年9月16日 [PDF]
  4. 公明新聞に「変わる「開発」の認識」と題するコメントが掲載されました。2015年8月19日
  5. 国際開発ジャーナル2015年4月号に「問われる先進国の当事者意識」と題するインタビュー記事が掲載されました。2015年4月
  6. 公明新聞に「貧困と飢餓撲滅への課題」と題するインタビュー記事が掲載されました。2015年1月17日

2014年

  1. 日本経済新聞の「経済教室」に「問われる環境政策 ポスト京都、実効性に課題」が掲載されました。2014年12月30日(朝刊)
  2. インターネット中継番組「言論スタジオ」出演し、安倍政権と環境問題に関する議論を行いました。2014年12月9日
  3. 持続可能な開発目標(SDGs)に関する毎日新聞の特集記事の中で、「災害分野では日本 が先導を」と題するインタビュー記事が掲載されました。2014年9月12日(朝刊)
  4. 読売新聞の解説記事「国連開発新目標 来年策定へ課題」の中で、持続可能な開発目標に関するインタビュー記事が掲載されました。2014年7月29日(朝刊)

2013年

  1. 毎日新聞に日本の新削減目標についてのインタビュー記事が掲載されました。
    2013年11月16日
  2. 中国 財新メディアのニュースサイト・財新網に、COP19に関する日本の立場についてのインタビュー記事が掲載されました。2013年11月14日
  3. TBSラジオの中高生向け番組「GAKU-Shock(ガク・ショック)」にゲスト出演し、『未来の地球(Future Earth)』をテーマにコメントしました。2013年10月6日
  4. 読売新聞に紹介記事『「未来の地球」の危機発信』が掲載されました。
    2013年8月8日(夕刊)
  5. 2013年4月12日付科学新聞に研究内容記事掲載されました。「人類と地球にとって持続可能な開発目標‐ICSUなどの研究グループ指針を発表
  6. 2013年1月10日付朝日新聞にコメントが載りました。「温暖化対策、なお国益の壁 京都議定書、第2約束期間に」

2012年

  1. 9月17日にパリにて受けた原発避難に関する意思決定過程のインタビューがフランスメディアに掲載されました。
  2. NHKラジオジャパン 2012年8月24日 「原発依存度、0%, 15%,20%から25%削減のシナリオについて、原子力と温暖化の関係、CO2対策について等」インタビューが放送されました。
  3. 2012年4月19日付朝日新聞「私の視点」に『持続可能な開発:国連に特命の「理事会」を』が掲載されました。
  4. Planet Under Pressure国際会議でのHakone Visionに関する発表がSciDiv.Netに紹介されました。

2011年

2010年

  • 日本経済新聞 2010年12月28日 経済教室「ポスト京都議定書の課題 『原則貫き孤立』は避けよ」(PDF)
  • フジテレビ めざましテレビ2010年12月13日COP16についてコメント出演
  • NHKラジオ NHKジャーナル2010年11月30日「温暖化対策の国際ルールには」にゲスト 出演
  • TBSラジオ 6月21日 「ニュース探求ラジオDig」にて地球温暖化問題についての電話インタビュー出演
  • 分散型発電新聞 2面インタビュー 2010年3月25日 「コペンハーゲン合意とCOP16の行方」
  • 日本経済新聞 2010年1月11日 18面経済教室 「25%削減の旗をおろすな」

2009年

  • NHK視点・論点 2009年12月21日「COP15・環境と政治力学」
  • NHK 2009年12月19日 Save the Future 科学者ライブ〜グリーンエコノミーで未来を救え 出演
  • 朝日ニュースター 2009年12月17日 「COP15の攻防を探る(参加各国の思惑、気候変動対策への鳩山政権の取り組み、今後の世界動向等)」 20:00〜20:55 出演
  • International Herald Tribune Japanese edition “Japan needs a strategy for climate change talks” 2009.12.16
  • NHK BSきょうの世界 2009年11月26日 ゲスト出演
  • NHK ラジオ NHKジャーナル オバマ大統領がCOP15でCO2削減目標を表明するニュースについてのコメント(インタビュー) 2009年11月26日
  • 朝日新聞 私の視点「気候変動対策 外交政策としての戦略必須」 2009年11月19日
  • 毎日新聞 13面「先進国と途上国 歩み寄りへの道筋―国連気候変動サミット演説から−」にコメント 2009年9月28日
  • 毎日新聞 3面「欧州好感 米中静観」にコメント 2009年9月21日
  • 朝日新聞 7面(夕刊)、「気温上昇「2度以下」達成には」にコメント 2009年7月23日
  • NHKクローズアップ現代「密着 CO2削減交渉」(6月15日)
  • 毎日新聞 9面、寄稿記事「国際議論踏まえた設定を」 2009年6月1日
  • 毎日新聞 2面「温室ガス削減中期目標対立解消せず」にコメント 2009年5月25日
  • 朝日新聞 朝刊3面「CO2削減 費用も難題」コメント (3月2日)
  • BS朝日 「ニュースの深層」 『グリーンニューディールとは?』 (2月9日)
  • NHK 「NHKニュース」(21時)コメント (1月27日)

2008年

  • NHK BS1 「きょうの世界」スタジオゲスト (12月3日)
  • NHKラジオ第一環境特番 、“地球温暖化に向けて日本は、世界は何ができるか〜北海道洞爺湖サミットの成果と課題“スタジオゲスト (7月12日)
  • NHK ” What’s on Japan” (7月5日)
  • 読売新聞、くらし家庭欄「百貨店冷房 2度高めに」コメント (7月5日)
  • NHK視点・論点 『気候変動交渉の道筋と洞爺湖サミットへの課題』 (7月4日)
  • NHKラジオ第一「環境特番 “地球温暖化防止”サミット〜各国の思惑は、日本の役割は〜、スタジオゲスト (6月28日)
  • NHK 「NHKニュース30minutes」主要経済国会議に関するコメント (6月21日)
  • 「日本は最大85%の削減必要 50年後に温室ガス半減達成に」 共同通信、NHKニュース、東京新聞、茨城新聞、信濃毎日新聞、四国新聞、神奈川新聞、愛媛新聞、岐阜新聞 (2月14日)
  • 「温室効果ガス排出半減には・・・日本人1人85%削減必要」読売新聞記事(3月14日)
  • 「越境大気汚染 多国間協力へ政治交渉を」朝日新聞「私の視点」(2月6日)

2007年

  • NHK BS1「今日の世界」コメンテーター(9月3日)
  • 『ウェークアップ! プラス』「石油高騰が生活を直撃!」のニュースでコメント報道 読売テレビ(日本テレビ) (5月12日)
  • 日本の気候変動政策と将来についてのニュースでコメント報道 NHK World NewsToday30Minutes(4月19日)
  • 日本経済新聞『経済教室』「資源安全保障戦略を探る−中−重み増す「出口問題」:温暖化や気候も視野に」(4月12日)
  • 読売新聞記事「温室ガス削減に危機感」(経済面)にコメント掲載 (4月5日)
  • NHK BS1 「今日の世界」コメンテーター (3月22日)

2006年

  • Herald Tribune/Asahi Point of View ( 10 Jan. 2006 )
  • 温暖化防止会議 ポスト京都の道筋を提示問われる今後2年の“対話” (モントリオール合意についてのコメント)「日経エコロジー」、日系BP社、12、第80号、2006年2月号(2005)

2005年

  • 「私の視点」環境外交 日本も確固たる方針示す時;朝日新聞 (12月29日)
PAGETOP