テーマ3: 開発の観点からの目標と指標の提示

本テーマは、プロジェクト全体の中で、開発の観点から社会的要素に焦点をあてた研究を担当します。特に、ポスト・ミレニアム開発目標(MDGs)の観点から持続可能な開発のための目標・指標の検討をします。
開発分野のうち、特に教育、保健、健康、水、衛生等のMDGs に含まれる諸分野、あるいは、エネルギーのような新たに重要とされる分野の観点から、MDGs 達成程度及びその要因を明らかにするとともに、MDGs の教訓を踏まえて、2015 年以降の開発目標に必要となる問題領域を明らかにし、新たな目標及び指標の可能性について検討します。
本テーマは、

  1. 人間の成長に関する領域(教育分野)
    教育分野におけるポスト・ミレニアム開発目標(MDGs)と指標の提示(サブテーマ1)
  2. 人間の生存に関する領域(保健・健康・衛生に関する分野)、保健・健康・衛星に関する分野におけるポスト・ミレニアム開発目標と指標の提示(サブテーマ2)
  3. 社会の成長に関する領域(経済開発分野)、
    経済開発分野におけるポスト・ミレニアム開発目標と指標の提示(サブテーマ3)
  4. 社会の存続に関する領域(環境・資源に関する諸分野[水、エネルギー等])水、エネルギー等社会の存続に関する領域におけるポスト・ミレニアム開発目標と指標の提示(サブテーマ4)

という4 つの領域における、成長及び開発実現のための目標や指標についての研究を実施します。いずれのサブテーマにおいても、ミレニアム開発目標の延長という視点から、ポスト2015 年開発目標と指標の検討を行います。

研究体制

テーマリーダー 北村 友人 東京大学
西村 幹子 国際基督教大学
Mark Langager 国際基督教大学
佐藤 真久 東京都市大学
川口 純 大阪大学
Brent Edwards 東京大学
林 真樹子 東京大学
山崎 瑛莉 東京大学
興津 妙子 東京大学
八木 恵理子 東京大学
荻巣 崇世 名古屋大学
James Williams George Washington University (United States)
サブテーマリーダー 山本 太郎 長崎大学
サブテーマリーダー 春日 秀文 関西大学
サブテーマリーダー 鎗目 雅 東京大学
Ali Kharrazi 東京大学

 

研究成果

 

研究成果のページ