蟹江研究室SDGsプラットフォーム

メンバー

佐々木 剛二(ささき こうじ)

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師

■ 職歴

サンパウロ・州立カンピーナス大学 国際移住研究センター 客員研究員 2006年10月-2007年5月
サンパウロ人文科学研究所 研究生 2007年11月-2008年12月
日本学術振興会 東京大学大学院総合文化研究科 特別研究員(DC2) 2009年4月-2011年3月
日本学術振興会 一橋大学大学院社会学研究科 特別研究員(PD) 2011年4月-2014年3月
国際日本文化研究センター 共同研究員 2011年4月-2016年3月
武蔵大学 社会学部 非常勤講師 2011年9月-2012年3月
神田外語大学 イベロアメリカ言語学科 非常勤講師 2012年4月-2013年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 学術研究員 2014年4月-2016年3月
森記念財団 都市戦略研究所 研究員 2014年4月-2016年3月
慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員 2016年1月-2016年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 特任助教 2016年4月-2016年6月
森記念財団 都市戦略研究所 客員研究員 2016年4月-現在

■ 学歴

東京大学 教養学部 2003年3月 卒業
東京大学 大学院総合文化研究科 修士 2005年3月 修了
東京大学 大学院総合文化研究科 博士 2011年3月 単位取得退学

■ 学位

修士(学術) 東京大学 2005年3月
博士(学術) 東京大学 2013年3月

■ 研究分野

文化人類学・民俗学

■ 研究キーワード

移民、都市、歴史民族誌、メガイベント、持続可能性、都市指標

■ 研究業績 (2016年11月現在)

出版・論文
1. 「『ブラジル日系社会』の形態学:デカセギ代理店と邦字新聞社」細川周平編『日系文化論を編みなおす:歴史・文芸・コミュニティ』ミネルヴァ書房, 2017年刊行予定。
2. 「移民的徳の誕生:1950-60年代の海外移民政策と政治的主体としてのブラジル日系人の形成」根川幸男編『越境と連動の日系移民教育史:複数文化体験の視座』ミネルヴァ書房, 2016年。
3. "A Ruptured Circuit: The Economic Crisis and the Breakdown of the Dekassegui Migration System.” Bulletin of the National Museum of Ethnology 40(1), 121-142, 2015.
4. “To Return or Not to Return: The Changing Meaning of Mobility among the Japanese-Brazilians 1908-2010.” In Return: Nationalizing Transnational Mobility in Asia, edited by Xiang Biao, Brenda S.A. Yeoh, and Mika Toyota, 21-38. Durham: Duke University Press, 2013.
5. 「ブラジル日本移民の政治、知識、徳:移民知識人をめぐる歴史民族誌」(博士学位論文 東京大学大学院総合文化研究科), 2013.
6. "Mobilité, impérialisme et intellectuels: La formation de la classe intellectuelle dans la communauté Japonaise au Brésil des années 1920-1950" , translated into French by Pierre-Emile Gander. In Devenir l'autre: Expérience et récit du changement de culture entre le Japon et l'Occident, edited by Christine Maillard and Sakae Murakami-Giroux, 103-30. Arles: Éditions Philippe Picquier, 2011.
7. 「統合と再帰性:ブラジル日系社会の形成と移民知識人」『移民研究年報』17: 23-41, 2011.
8. 「移動性, 帝国主義, 知識人:1920年代から50年代におけるブラジル日系移民コミュニティにおける知識階級の形成」『人文研』(サンパウロ:サンパウロ人文科学研究所)7: 142-162, 2009.
9. “Moral Mobility: Return in the Japanese Community in Brazil 1908-1955,” The Newsletter 50: 6. Leiden & Amsterdam: International Institute for Asian Studies, 2009.
10. “Between Emigration and Immigration: Japanese Emigrants to Brazil and Their Descendants in Japan,” In Transnational Migration in East Asia: In a Comparative Focus (Senri Ethnological Reports 77), edited by Shinji Yamashita, Makito Minami, David W. Haines, Jerry S. Eades, 53-66. Osaka: National Museum of Ethnology, 2008.
11. 「日本からブラジルへ、ブラジルから日本へ」『アジア遊学』No.104(東京:勉誠出版), pp. 38-44, 2007.
12. 「日本-ブラジル間における出稼ぎ移住者の経験:境界化された文化の概念を越えて」(修士論文 東京大学大学院総合文化研究科), 2005.
13. 「『民族』概念をめぐる一考察」『シンポジオン 1998/1999 学生論文集』(東京:東京大学教養学部), pp. 266-73, 2001. (編集委員会に所属する教員の推薦による)

出版・事典項目
1. 「非政府組織や地方自治体レベルの交流・協力」ブラジル商工会議所編『新版 現代ブラジル事典』(東京:新評論), 2016.

出版・翻訳
1. ジェフリー・レッサー(Jeffrey Lesser)著,『ブラジルのアジア・中東系移民と国民性の構築:「ブラジル人らしさ」をめぐる葛藤と摸索 (世界人権問題叢書95)』鈴木茂共訳(東京:明石書店)2016.
2. ウィリアム・O・ビーマン(William O. Beeman)著.「東洋と西洋におけるリスクの概念」宮坂敬造共訳, 宮坂敬造編『リスクの誘惑』(東京:慶應義塾大学出版会)2011.

出版・書評
1.「森本豊富・根川幸男編, 『トランスナショナルな「日系人」の教育・言語・文化—過去から未来に向かって—』」『移民研究年報』19: 126, 2013.

出版・共同執筆者
1.市川宏雄・森記念財団都市戦略研究所『東京2025:ポスト五輪の都市戦略』(東京:東洋経済新報社), 2015.

出版・共同編集責任者
1.森記念財団都市戦略研究所. 『世界の都市総合力ランキング 2015 Yearbook』(東京:森記念財団), 2015.
2.Institute for Urban Strategies, the Mori Memorial Foundation. Summary of Global Power City Index 2015. Tokyo: Mori Memorial Foundation, 2015.
3.森記念財団都市戦略研究所. 『世界の都市総合力ランキング 2014 Yearbook』(東京:森記念財団), 2015.
4.Institute for Urban Strategies, the Mori Memorial Foundation. Summary of Global Power City Index 2015. Tokyo: Mori Memorial Foundation, 2014.

出版・その他の著述
1. “Liberdade surreal” [Liberdade surreal], Revista Made in Japan, No.133, 80. São Paulo: Editora JBC, 2008.
2. 「2008年とブラジル日系移民の過去、現在、未来(1)」『全米日系人博物館』ウェブ・プロジェクト”DiscoverNikkei,” http://www.discovernikkei.org/forum/en/node/2905, 2008.
3. 「移動の時代における善き生き方」『サンパウロ人文科学研究所』 http://www.cenb.org.br/cenb/index.php/articles/display/97, 2007.
4. 「Probationary Americans: How contemporary U.S. immigration policies are reshaping American society エドワード・パク セミナー参加記」『CPAS Newsletter』Vol.6 No.2(東京:アメリカ太平洋研究センター), pp. 8-9, 2005.

出版・インタビュー記事等
1. Maisonnave, Fabiano. “País não sabe lidar com a crise, diz antropólogo” [Country’s leadership not ready for crisis, says anthropologist], Folha de S. Paulo (São Paulo). 21 de Março, 2011.
2. 「人文研 移民知識階級の調査を 佐々木剛二さんが活動中」『ニッケイ新聞』(サンパウロ)2007年12月14日.
3. “Dekasseguis na visão Japonesa” [Dekassegui from Japanese perspective], Revista Made in Japan, No.115, 53. São Paulo: Editora JBC, 2007.
4. 「平和学 キャンパスに続々 学生主導の開講 交流も」『朝日新聞』2001年7月11日.

口頭発表
1. 「東京の魅力を高める戦略」森ビル株式会社, 東京, 2015年4月。
2. 「ブラジル日本移民の政治、知識、徳:移民知識人をめぐる歴史民族誌」「新大陸の日系移民の歴史と文化」共同研究会, 国際日本文化研究センター, 2015年1月.
3. 「移民知識人の遺産と未来:土曜会から人文研へ、そしてデジタル人文学へ」特定非営利活動法人サンパウロ人文科学研究所日本支部設立記念講演会及び懇親会, 明治大学, 2014年11月.
4. 「ブラジルの日本移民と日本のブラジル移民: 比較の限界と可能性」大会企画シンポジウム「移民の比較研究から何が見えるのか」, 日本移民学会第24回年次大会, 和歌山大学, 2014年6月.
5. “A Semantics of Transnational Mobility: The Japanese Migration to Brazil and the Political Vocabulary,” In the Panel, “Keywords of human mobility: A comparative cultural perspective,” International Union of Anthropological and Ethnological Sciences Inter-Congress 2014, Chiba, Japan, May 2014.
6. 「ブラジル日本移民知識人の形成:1920年代から70年代における関心と語りの変化」 勝ち負け研究会, 日伯経済文化協会, 2014年3月.
7. 「ブラジル日本移民の政治、知識、徳:移民知識人をめぐる歴史民族誌」 日本文化人類学会関東地区研究懇談会・2013年度博士論文修士論文発表会, 早稲田大学, 2014年3月.
8. 「土曜会と百周年:ブラジル日本移民の知識実践をめぐる二つの契機」国際日本文化研究センター・共同研究会「北南米大陸と帝国日本をめぐる日系人の教育と文化:複数地域の連動に注目して」, 国際日本文化研究センター, 2014年3月.
9. “From breakdown to reorganization: The impact of the economic crisis on the Japanese-Brazilian Dekassegui migration system,” In Comparing Regional Perspectives of Transnational Sociology: North America, Europe and East Asia, Hitotsubashi University, Tokyo, Japan, June 2013.
10. 「行為主体性のナラトロジー:ブラジル日本移民の諸事例」山下晋司教授退職記念シンポジウム「『新しい地球』の生き方」, 東京大学, 2013年3月.
11. "Relaying agencies in knowledge: Minor intellectuals and anthropologists." In Translational Movements: Ethnographic Engagements with Technocultural Practices, Osaka University, Osaka, Japan, March 2012.
12. 「移動性とユートピア:1920-40年代におけるブラジル日本移民の世界主義的想像力」第4回国際社会学研究会, 一橋大学, 2011年6月.
13. 「移民と知識と政治の人類学:ブラジル日系移民社会における遠隔地ナショナリズムとマイナー知識人」第782回首都大学東京・東京都立大学社会人類学研究会 首都大学東京, 2010年12月.
14. “A ruptured circuit: The recession and the breakdown of the Dekassegui system.” In the Panel “Politics of Migration in the Age of Global Cultural Circulation: Japan as an Ethnographic Focus,” 109th American Anthropological Association Annual Meeting, New Orleans, Luisiana, USA, November 2010.
15. 「エドゥアルド・ヴィヴェイロス=デ=カストロとは誰か:ペルスペクティヴィズモの思想を中心に」日本文化人類学会第44回研究大会, 立教大学, 2010年6月.
16. “The overseas imperial subjects and their self-mobilization: Moments of return in the Japanese community in Brazil.” Return: Migrants, Nation-States and Biopolitics in Asia. Joint Seminar of Contemporary Anthropology Workshop and the Graduate Program on Human Security, the University of Tokyo. The University of Tokyo, Tokyo, Japan, July 2009.
17. “Mobility, imperialism, and intellectuals: The emergence of the intellectual class in the Japanese community in Brazil 1920s-1950s.” Devenir l’Autre: Expérience et Récit du Changement de Culture entre Orient et Occident. Joint Seminar of International Research Center for Japanese Studies, Centro Européen d’Études Japonaises d’Alsace, and Université de Strasbourg, International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan, June 2009.
18. “Return as moral act: Changing meaning of return in the Japanese emigrant discourse in Brazil.” Return Migration in Asia: Experiences, Ideologies and Politics. Asia Research Institute, National University of Singapore, Singapore, July-August 2008.
19. 「移民的徳と移民知識人:人類学的探求のための覚書」, 研究報告会, サンパウロ人文科学研究所, ブラジル・サンパウロ, 2008年3月.
20. 「日本とブラジル間の移住研究と徳の人類学」, 「人間科学講義II」ゲストスピーカー, 慶應義塾大学, 2007年11月.
21. 「人類学的概念と空間的属性:線と面を巡って」, 第51回現代人類学研究会「『フィールド』の現在的配置-人類学的空間と社会形態学の再検討」, 東京大学, 2007年10月.
22. 「『在日日系ブラジル人』研究における認識論的問題:二つの空間性を巡って」, 日本文化人類学会第41回研究大会, 名古屋大学, 2007年6月.
23. “For an unanswered love of country: Brazilian Nikkeijin return migration from the sending society's point of view.” Minpaku International Symposium 2007, Transnational Migration in East Asia: Japan in Comparative Focus. National Museum of Ethnology, Osaka, Japan, May-June 2007.
24. 「日本―ブラジル間における出稼ぎ移住者の経験:境界化された文化の概念を越えて」, 日本文化人類学会関東地区研究懇談会・2004年度博士論文修士論文発表会, 東京都立大学, 2005年3月.
25. 「平和学の現在:『平和の世紀』を創るために」, 日本平和学会関東地区公開シンポジウム「大学での平和学の展開について考える」, 明治学院大学, 2001年5月.

口頭発表・パネル・ディスカッサント
1. 「月島から東京の未来を考える」未来のデザイン・ワークショップ:Co-Creativeな街づくり, 月島荘, 東京, 2016年11月.
2. 「在日ブラジル人の現況と地方自治体および市民社会の取組み」ラテンアメリカ政経学会第52回全国大会, 横浜国立大学, 2015年11月.
3. “The End of Smart Cities? Innovative and Creative City Making in the Metropolitan Century,” Innovative City, Acropolis, Nice, France, June 2015.
4. ”Intercultural Dialogue as a Factor in Urban Development.” IV Moscow Urban Forum, Manezh Moscow, Russian Federation, December 2014.
5. 「日本在住の『外国人』住民の研究を通して見える日本」慶應義塾大学東アジア研究所・プロジェクト研究会(特別研究会), 慶應義塾大学, 2010年4月.
6. 「人類学者のエステティクス」第68回現代人類学研究会, 東京大学, 2010年3月.
7. “Japanese Religions between Global and Transnational.” 66th Seminar of Contemporary Anthropology Workshop. The University of Tokyo, Tokyo, Japan, February 2010.
8. 「人類学的批判の再定位にむけて:変容する文脈にどうかかわるか」大阪大学グローバルCOE「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」内研究プロジェクト「諸価値のコンフリクトと妥協に関する民族誌的研究」ワークショップ, 大阪大学, 2010年2月.
9. “Presença Japonesa no México.” [The Japanaese Presence in Mexico]. Simpósio Internacional Presença Japonesa na América Latina [International Symposium, the Japanese Presence in Latin America]. Memorial da América Latina, São Paulo, Brazil, May 2008.

口頭発表・会議通訳
1. “New Directions in a New Millennium: A Tale Told in Metaphor” (by Richard Bender, Professor and Dean Emeritus, University of California, Berkeley), 2040年都心市街地像研究会, 虎ノ門ヒルズ・フォーラム, 2015年10月.
2. Exchange Meeting with Tokyo Metropolitan Government Officials (by Rickey Burdett, Professor, University College London), Tokyo Metropolitan Government, Tokyo, Japan, October 2015.
3. “Start with Public Spaces” (by Jefferey Shumaker, Chief Urban Designer, Bureau of Urban Planning, City of New York), Urban Lab, Roppongi Hills, Tokyo, Japan, July 2015.
4. “London 2012: Olympic Games and Sustainability” (by David Hutchinson, Greater London Authority), Academyhills, Tokyo, Japan, November 2014.
5. 「Global Power City Index 2015 記者発表会」虎ノ門ヒルズ・フォーラム, 2014年10月.
6. 「グレゴリー・ペイトソンの精神の生態学と芸術の心性:M.C. Bateson 教授を囲んで」 慶應義塾大学アートセンター, 2007年6月.

研究会・会議・パネル等の運営
1. Co-Coordinator of Innovative City Forum 2015, Roppongi Academyhills, Tokyo, Japan, February 2015.
2. Co-Coordinator of “Ideas for Revitalizing Tokyo’s Global Appeal,” Innovative City Forum Seminar, Roppongi Academyhills, Tokyo, Japan, February 2015.
3. Co-Coordinator of “Global Cities 2025: New Definitions of Prosperity and Livability.” Innovative City Forum 2014. Toranomon Hills Forum, Tokyo, Japan, October 2014.
4. Coordinator of Return: Migrants, Nation-States and Biopolitics in Asia. Joint Seminar of Contemporary Anthropology Workshop and the Graduate Program on Human Security, the University of Tokyo. The University of Tokyo, Tokyo, Japan, July 2009.
5. Co-coordinator of “Japanese Religions between Global and Transnational.” 66th Seminar of Contemporary Anthropology Workshop. The University of Tokyo, Tokyo, Japan, February 2010.
6. 運営担当、第51回現代人類学研究会「『フィールド』の現在的配置-人類学的空間と社会形態学の再検討」, 東京大学, 2007年10月.

学術または社会活動
日本文化人類学会 会員
日本移民学会 会員
国際日本文化研究センター 共同研究員 (2011年-2016年)
 「新大陸の日系移民の歴史と文化」および「日本的教育文化の複数地域展開に関する比較研究」
モスクワ市開発に関する国際諮問委員会 委員(2014年)
社会正義に関する国際パネル(International Panel on Social Progress, IPSP) チャプター・アシスタント(2015年)

Sending...